Welcome to my blog

遊戯王カードの思い出(水属性デッキを愛用していた)

遊戯王カード「水属性のカード集」

私が小学生高学年の頃は遊戯王カードにのめりこんでいました。

同学年の男子は大多数がデュエリストだった覚えがあります。

使用していたデッキは水属性のカードが主体でした。

水属性に特化しようと思ったのはこのカードがきっかけです。

■伝説のフィッシャーマン

遊戯王カード「伝説のフィッシャーマン」

理由は「梶木漁太が好きだったから」という単調なものです(笑)

ただ、この頃は実用性のある水属性のカードがほとんどなく、
残念ながら「水属性デッキ」の体をなしていませんでした。
(単なる梶木のファンデッキと表現した方がいいかも。)

2001年4月19日発売「Spell of Mask-仮面の呪縛-」で、
水属性に特化したカードが増えてきた気がするのですが、
この辺りでフェードアウトしたので時すでに遅しでしたね。
(中学生になるとこれまでの環境が一変しますからね~…)

ああ…もう少し早くこのようなカードが出てくれていれば…

レアリティは高いけど弱すぎて実用性のない水属性カード。

■タクリミノス

遊戯王カード「タクリミノス」

■ツルプルン

遊戯王カード「ツルプルン」

何故ウルトラレアなんだよ!!と言いたくなるしょぼい能力値です。

おそらくネタの一環としてぶちこんでいたのかもしれません。

■激流葬

遊戯王カード「激流葬」

制限カードに入っているイメージがあったのですが、
時代が進んだ現代では解除されているみたいです。

遊戯王カードは20年以上前にハマっていたので、
私にとって過去のホビーというイメージがあります。

しかし、今でも新作カードが販売され続けています。

20年もの時を経ても遊ばれているのは凄いことですね。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0