Welcome to my blog

日本沈没後の希望移民国を抽選で決めるシステムがキツすぎた

「日本沈没」の移住先抽選システム1

「日本沈没」といえば映画版(2006年)のイメージが強いのですが、
日曜劇場バージョンもすんなりと世界観に入り込むことができました。

最終回の希望移民国を抽選で決めるという展開がキツすぎましたね。

「日本沈没」の移住先抽選システム2

「日本沈没」の移住先抽選システム3

「日本沈没」の移住先抽選システム4

「日本沈没」の移住先抽選システム5

当然、移民抽選反対の抗議デモが勃発します。

そりゃそうでしょ。抽選で未来が決められるなんて最悪ですからね。

家族など団体で申し込むことができるのはまだ救いかもしれません。
(個人単位でしか申し込めないパターンだと餓死確定…)

でも、仕事関係の付き合いはバラバラになってしまうんでしょ?
外国で仕事を一から探さないといけないってキツいな~…

あと、ルビー感染症のくだりって必要だったのでしょうか?

明らかに現実世界のコロナ感染症を意識したようなシナリオでしたね。

年明けの「逃げ恥」でコロナネタを放り込んできたことを思い出しました。

ドラマに現実臭い設定をぶちこむのはやめてほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0