Welcome to my blog

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」でロケット団のパロディネタが披露されていた

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」4

録画していた韓国ドラマ「キルミーヒールミー」の第13話を視聴!!

多重人格障害(しかも人格が7種類もある)が題材という興味深い一作です。

重いテーマですが、ところどころで挿入されるコミカルなシーンが印象に残りますね。

まず、本作のヒロイン・リジンが兄・リオンに「久しぶりにあれをやろう」と切り出します。

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」1

「何者かと聞かれたら」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」2

「答えるのが世の情け」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」3

「世界の破壊を防ぐため」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」4

「世界の平和を守るため」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」5

「愛と真実の悪を貫く」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」6

「みんなのラブリーな敵(かたき)役」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」7

「リオン」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」8

「リジン」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」9

「宇宙を駆ける我々には」

キルミー・ヒールミー第13話「ロケット団のパロディネタ」10

「明るい未来と明日が待ってるぜ」

まさかのロケット団ネタ(笑)

セギ(主人公・ドヒョンの裏人格の一つ)が本格的に動き出して、
かなりシリアスな展開になってきていたんですけどね。

それなのに急にほのぼのギャグをぶちこんでくるとは…

しかもロケット団の名台詞。驚くしかないでしょう。

登場人物を紹介している公式動画もありました。



裏人格の一つである女子高生・ヨナが強烈でした。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0