Welcome to my blog

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」の犯人・大淀祐子がえげつなかった

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」の犯人・大淀祐子

先週の名探偵コナン「いがみ合う乙女達」は衝撃的な内容でした。

このお話では女性モデルの世界にスポットが当てられています。

一見華やかに見える世界ですが、ドロドロした裏側が描かれていました。

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」1

・西条彩華(CV:喜多村英梨)…赤担当
・小諸美奈(CV:三森すずこ)…青担当
・深本舞衣(CV:田村睦心)…黄担当
・大淀祐子(CV:伊藤かな恵)…ピンク担当

…という4人の華やかな美人モデルたちが登場して、
ハッピーアザラシという玩具の撮影会が行われるものの、
コナンたちはギスギスした舞台裏を目の当たりにします。

ギスギスの元凶である西条彩華は荷物を運ぶ雑用を拒んだり、
仕事を馬鹿にした発言を行うなど酷い態度を取り続けます。

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」2

彩華をなだめた大淀祐子にわざと足を引っかけて転ばせた挙句、
「何やってんのよ…ったくドジなんだから」と暴言を浴びせます。

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」3

これに正義感の強いボーイッシュ女子・深本舞衣は激怒し、
女同士の熾烈な殴り合いへと発展してしまいます。

傍若無人な態度を取り続けた彩華はヘイトを集めたせいか、
その後で遺体となって発見されることとなります。

喧嘩相手で第一発見者でもある舞衣が疑われて犯人にされかけるのですが…

名探偵コナン「眠りの園子」1

名探偵コナン「眠りの園子」2

「眠りの園子(小五郎が不在だったので)」が事件を暴き、
彩華殺しの真犯人=祐子だということが判明します。

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」の犯人・大淀祐子

まあ、祐子は彩華から意地悪されたり暴言吐かれたりしてましたし、
あんなの殺されてもしゃあないわな…と思っていたのですが、
最後の最後で大どんでん返しが待っていました。

エンディング前の回想シーンにて…

名探偵コナン「いがみ合う乙女達」の大淀祐子と西条彩華

彩華「本当にやるの?」
祐子「うん、だってあの子、ヤバいから。やるなら今のうち。」
彩華「でも、見つかったら私たち2人とも捕まるわよ。」
祐子「アリバイは完璧だし、最後にやるのは私だから。」
彩華「分かった。じゃあ、やろう。舞衣を。」
祐子「まず、みんなのいる前であなたが私の足引っかけて。」
彩華「それで舞衣を怒らせた後、謝るって手紙を出して倉庫に呼び出して…」

祐子が彩華に「舞衣をやろう」と持ち掛けていたわけですが、
共犯者であるはずの彩華が真の殺しの標的だったというオチ。

彩華の傲慢な態度も全て舞衣を怒らせるためのからくり芝居だったのです。

結論:大淀祐子と西条彩華は2人とも鬼畜だった。

今回の話で一番の被害者は犯人にされかけた舞衣でしょう。

派手目の風貌+高飛車な性格の女性が被害者の場合、
地味で大人しい感じの女性が犯人のパターンが多い気がします。

数年前に放送されていたブロガー女優?の回もそんな感じでしたしね。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0