Welcome to my blog

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」1

超速GPのイベント「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」をプレイしたので、
あらすじや感想などを大雑把にまとめておくことにします。

ストーリーは「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP」が舞台となっています。

カルロ・セレーニ率いるロッソストラーダ
ブレット・アスティア率いるアストロレンジャーズ


上記の2組の激しいレースが繰り広げられていたのですが、
アストロレンジャーズのマシンが次々とトラブルに見舞われ、
全マシンがリタイヤという事態に陥ってしまいます。

これを怪しいと感じた豪はロッソストラーダを徴発するという暴挙に出ます。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」2

このようにロッソストラーダは「勝つことが全て」という思想を持ち、
失敗した仲間に鉄拳制裁を加えるなど超過激なチームです。

そして、次はTRFビクトリーズとロッソストラーダのレース(予選)が始まり、
烈、藤吉、リョウ、Jのマシンはフォーメーションを組んで力を合わせますが、
豪のマグナムだけフォーメーションから外れてめちゃくちゃな走りをかまします。

烈兄貴はチームの輪を乱す豪を一喝します。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」3

「おまえなんかもうTRFのメンバーじゃない!!」

「そうでげす!卑怯なことばかりして見そこなったでげす!!」
…と藤吉も烈兄貴を擁し、豪はチームから孤立してしまいます。

烈兄貴が豪の傍若無人な振る舞いをカルロに謝罪するも、
「あのチビの方が俺たちのことをよく分かっていたってことさ!」
…と本性を表してソニックに牙をむきます。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」4

「じっくり味わいな、ディオスパーダの『死のダンス』をよ!!」

ただのインチキですけどね。

ここで烈兄貴は豪の考えが正しかったことを理解したのでした。

ディオスパーダ相手に一極集中型の走行をするのは危険と判断し、
急ピッチで分散作戦に変更しようとするのですが、時すでに遅し。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」5

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」6

「ここを貴様らの処刑場にしてやるぜ!!」
「フォーメーション、『死のリング』!!!」
「貴様らにもう逃げ道はねえぜ!!」


相手のマシンを破壊するなど卑劣極まりないレースを展開した挙句、
努力、友情、絆をも馬鹿にするロッソストラーダに怒り爆発の豪。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」7

最後にマグナムが意地を見せて逆転勝利をするも…

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」8

敗北したはずのカルロは強気な姿勢を崩していませんでした。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」9

「ふっ、てめえら、自分のマシンを見てみな!まともに走れるのは一台もねーぜ。」
「せいぜいまぐれのこの一勝を大事な思い出にするんだな!」
「ははは、貴様らの世界GPは終わりだぜ。」

…と勝ち誇ったような言動を放って幕を閉じるのでした。

超速グランプリ「赤い恐怖!?ディオスパーダ!」10

はい、クリア!!(難易度が低かったのであっけなく終わりました。)

今回のロッソストラーダといい、大神博士一味といい、
ミニ四駆作品の悪役ってマシン破壊を目論みがちですが、
何故強制退場にされないのだろう…?

リアルの世界でやれば大会出禁になるでしょ。

せっかくなので10連ガシャ(神速フェス)も回しておきましょう。

超速グランプリ「神速フェス」

ピックアップパーツは以下の通りです。

・ディオスパーダ
・ショートスタビ
・FRP補強2段プレート・フロント
・リヤブレーキステー・ソフト


ディオスパーダ、かっこいいな~!!欲しいな~!!

悪のマシンには悪のマシンなりの"華"があるんですよね。

ディオスパーダ狙いで2回チャレンジすることにしました。

超速グランプリ「FRP補強2段プレート・フロント」

超速グランプリ「神速フェスの結果」1

超速グランプリ「神速フェスの結果」2

なんと…FRP補強2段プレート・フロントが2回当たりました。

同じレアパーツが2回も当たるってどうよ…?

ガシャは2連続で挑戦するとろくなことがないですね。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0