Welcome to my blog

またしても両横綱不在の状況となってしまった

大相撲九月場所で白鵬が休場

大相撲九月場所(秋場所)が始まっていました。

先場所(七月場所)が延期になっていた影響からか、
相撲が始まるのに気づかなかったのかもしれません。
(「幕内の全取組」を録画してあったので何とかなりましたが…)

何せ七月場所が終わったのって8月2日でしたからね…

今場所は波乱の幕開けとなっております。

大相撲九月場所で鶴竜が休場

なんと…白鵬と鶴竜の両横綱が初日から休場!!

先場所からの怪我が治っていない状況とはいえ、
いくらなんでも休場しすぎではないかね…?

あと、白鵬の弟分である石浦も休場しています。

大相撲九月場所で玉ノ井部屋の力士全員が休場

玉ノ井部屋の力士たちが集団で新型コロナウイルスに感染し、
玉ノ井親方と部屋の力士27人全員が今場所休場となりました。

大相撲九月場所で阿炎が休場

相撲協会が新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底している中、
夜中に風俗で遊んでいた阿炎は強制的に3場所連続出場停止となり、
またしても「恥晒し状態」となってしまいました。

う~ん…これだけ書いて終わるのはもったいない!!

先場所で記憶に残った取組を記録しておきましょう。

七月場所三日目の白鵬と遠藤の取組が面白かったので、
今更ながらピックアップしておきます。(前回書き忘れたので…)

先場所の白鵬の珍プレー1

圧倒的パワーで遠藤を捻じ伏せた白鵬ですが…

先場所の白鵬の珍プレー2

勢いがつきすぎたのかそのまま西の花道の奥までダッシュしていきます。

先場所の白鵬の珍プレー3

そして、奥の方からのしのしと歩いて戻ってきます。

この一連の流れは声を出して笑いました。

確かこの時は相撲中継の終了まで時間が余っていたような…

そのためかこれも時間稼ぎの一環なんじゃないかと思ってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0