Welcome to my blog

ハイパーダッシュモーターを実装するとコースアウト率が上がった

超速グランプリ「ハイパーダッシュモーターでコースアウト」1

超速GPでハイパーダッシュモーターという強力なパーツをGET!!

「よし、これで敵なしだな!!」な~んて思っていたのですが、
どうやらその考えは練乳のように甘かったみたいです(笑)

速いモーターには致命的なデメリットがあったのです。

最初の緩やかなカーブに差し掛かると…

超速グランプリ「ハイパーダッシュモーターでコースアウト」2

はい、見事にコースアウトしました。

おいおい、こんな緩いカーブでコースアウトするのかよ…

直線の多いコースだと最後まで走り切れましたが、
最初にコーナーがあるテクニック重視のコースだと、
制御できずにかっ飛んで行ってしまうのです。

カーブを曲がるのに失敗したにも関わらず、
「着地失敗」と書かれているのが気になります。

そもそも着地なんてしていないんですよね…

超速グランプリ「ハイパーダッシュモーターでコースアウト」3

「アドバイス確認」と書かれたボタンを押してみると、
改善すべきポイントをいろいろ教えてくれます。

超速グランプリ「ハイパーダッシュモーターでコースアウト」4

■マシンスピードを落とす
以下の方法でマシンのスピードを落とすことで、
コースアウトする確率も下がるみたいです。
・モーターのスピードを落とす
・数字の大きいギヤ比のギヤを使う
・ゴム素材のローラーを使う
・小径のタイヤ、ホイールを使う
・スポンジ素材のタイヤを使う

ただし、マシンのスピードを落とし過ぎた場合、
タイムロスになってしまうというデメリットもあります。

■ブレーキ効果のあるリヤステー
リヤステーの中にはブレーキ効果のある物もあるのだそうです。
「リヤースキッド」や「リヤローラー・スタビステー」などを装着すれば、
マシンが減速するようになってコースアウト率も下がるのだとか。

■セッティングウエイト
セッティングウエイトはマシンの重心位置を調整する効果があり、
フロント部分が重いマシンの場合はリヤ部分にウェイトを装着し、
リヤ部分が重いマシンの場合はフロント部分にウェイトをすれば、
マシンの安定性がアップするのだそうです。

できればハイパーダッシュモーターに頼ることなく、
マシンの性能をアップさせていきたいんですけど、
それはそれで難しいんですよね。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0