Welcome to my blog

ウインズ平阪の「あしたへと」がステイホーム版になっていた

ウインズ平阪「あしたへと」StayHomeバージョン1

WTV(テレビ和歌山)では放送される番組がなくなった場合、
ミュージックブレイクなどで穴埋めされることが多いです。

最近はウインズ平阪の「あしたへと」がよく流れています。

でも何か違う…そう!!歌詞などが変化しているのです。



メインボーカルの平阪氏が手を洗っていたり…

ウインズ平阪「あしたへと」StayHomeバージョン2

曲目の下に新型コロナウイルス自粛応援Verと書かれていたり…

おうちで頑張りましょう!!と自粛する人たちにエールを送る楽曲となっています。

平阪氏が60歳を超えていることが一番の衝撃ですけどね。

見た目が若々しいからか60代には見えないよなあ…

そして、平阪氏といえば和歌山県をテーマにした曲が印象的です。

中でも「高野口SAMBA」と「橋本愛賛歌」がユニークでした。





できる事ならこれからも 時代にコビずに橋本らしさを貫いて

「橋本愛賛歌」のこのフレーズは秀逸すぎて痺れました。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0