Welcome to my blog

ハリウッドザコシショウの「誇張しすぎた福山雅治」で不覚にも笑う

昨日は久しぶりに「さんまのお笑い向上委員会」を視聴しました。

ペナルティのワッキーが抱きたい女芸人を発表する撮られていて、
共演していた女芸人たちから気持ち悪がられていました。

しかし、ハリウッドザコシショウの披露したネタがあまりにも強烈過ぎて、
ワッキーのくだりを掻き消してしまったような気がします。

ペナルティのヒデがものまね三銃士に加わるためのネタ見せとして、
「メキシコ五輪で釜本邦茂がゴールを決めた後のパフォーマンス」
というマニアックなものまねを披露するも微妙な空気に包まれます。

そこでハリウッドザコシショウがお手本を見せるという流れになります。

ハリウッドザコシショウ「誇張しすぎた福山雅治」1

何故か「てれれれんれん♪」と音楽を口ずさんで、
ファミコンのサッカーゲームを完全再現したせいで、
「釜本さん(の真似)せえや!!」と突っ込みが入る始末。

これは予想外だったのでやられました。

そして、番組の終盤では「誇張した福山雅治」のものまねを披露します。

ハリウッドザコシショウ「誇張しすぎた福山雅治」2

ハリウッドザコシショウ「誇張しすぎた福山雅治」3

これのどこが福山雅治やねん(笑)

ものまねネタは以下のような内容となっていました。

・テーマ曲を口ずさみながら目を高速で動かす
・何故か甲高い声で「実に面白い」を連呼
・目を閉じて「眠くなってきちゃった」と言う


もはや福山雅治の要素なんてどこにもありません。
…というか海外の映画のキャラクターにいそうですね(笑)

これがツボにはまって、布団に入ってからも笑いが止まりませんでした。
正統派の真逆を行くヘドロのようなダーティなネタは破壊力が大きいです。
(勿論、正統派のお笑いも大好きですが…)

ものまね芸って普通はネタ対象に寄せていこうとするのに
ザコシの場合は遠ざけていくから原型がなくなるんですよね。

まあ、最初の時点でまともじゃないのは分かっていたけどね(笑)

さんまのお笑い向上委員会「魔王加藤の復活」

次回は謹慎していた魔王復活か~…楽しみですなあ。

【追記】
このネタがきっかけで福山雅治本人からザコシに出演オファーが来たそうです。
12/22にパシフィコ横浜の展示ホールで福山雅治の男性限定ライブが開催されるので、
それに向けて公開される動画に「誇張しすぎた福山雅治」として出演するのだとか。
いや、まさか本人からオファーが来るなんて思ってもいませんでした。
これぞ本当の「やったもん勝ち」なのかも…(笑)
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0