Welcome to my blog

公共の場でパンツ一丁になっても通報されない藤川先輩

前回の「べしゃり暮らし」のオチがいろんな意味で凄かったです。

作中に登場する漫才コンビ「デジタルきんぎょ」の藤川は露出狂なのか…?

飲み屋で興奮した直後に服を脱ぎだしてパンツ一丁になって、
「決勝進出じゃ~!!」と叫んでその場は盛り上がるのですが、
何故かそのまま店を出ていって街を徘徊します。

「べしゃり暮らし」で裸になるデジタルきんぎょ藤川1

「べしゃり暮らし」で裸になるデジタルきんぎょ藤川2

「べしゃり暮らし」で裸になるデジタルきんぎょ藤川3

「べしゃり暮らし」で裸になるデジタルきんぎょ藤川4

そして、素っ裸の状態で雪が積もって話が終わるというね…

あまりにも強引すぎるオチで作品自体が漫才になっている感じがしました。

しかし…すれ違う人々もスルーするのですね。
妙な人間には極力関わりたくないからでしょうか。
都会の無関心社会を象徴しているような気がしました。

こんなの職質されるでしょ普通。

【追記】
次回予告を見てみたらまさかの藤川死亡の流れでびっくり。
素っ裸になって階段で寝ていたけどそのまま凍死したのか…?
なんちゅう死に方だよ…
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0