Welcome to my blog

暗黙の了解

もう『ウンナンのラフな感じで。』も終わっちゃうのですね。

期待していた番組だけに終わってしまうのは残念。

・・・というか終わるの早すぎでしょ。

今日は録画した最終回を見ていました。

内容はというと内村チームと南原チームが様々なゲームで争うというものでした。

負けた内村チームがタイキックをくらったり、

負けた内村チームが忍者に扮した男たちから煙玉と称するものを投げつけられたり、

負けた内村チームがゴルゴに扮した男たちから熱湯を噴射されたりしていました。

あと、頭上に落とされたものを当てて3人全員が正解しないと失格になるというゲームがありました。

南原チームからアンガールズ・山根、FUJIWARA・原西、アンガールズ・田中の3人が出陣。

頭上に落とされたものはイガ栗。

アンガールズ・山根→イガ栗

FUJIWARA・原西→うに

アンガールズ・田中→イガ栗

と解答。

「うにはね~だろ。」なんて思いながら見ていたのですが、

あれ・・・?よくよく考えたらうにでもよかったような気が・・・






uni01.jpg






そういえば錬金術士の間ではうには植物という認識でしたね。

そういえば錬金術士の間ではうには「平原や滝周辺に落ちているもの」という認識でしたね。

それならうにでも正解なんじゃないの?

栗をうにって言っちゃってもいいんじゃないの?

・・・と思いたいところなのですが、

説明文から察するに栗とうには別物のようです。

まあ、似ているのだから間違っちゃうのもムリがないよね。

仮に栗とうにが異なるものであろうとどちらも平原や滝周辺に落ちている植物ということは間違いではないみたいですからね。

ちなみに噂によると錬金術士たちはうにから爆弾を作っちゃうらしいです。










ところで海の中に生息している体中がトゲまみれの生物って何ていうんだったっけ・・・?
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

えす
No title

こんちゃ!
海の中に居る奴はそりゃあ・・・


・・・なんなんだ

スイミ
No title

コメントありがとうございます。
グダグダな上に更新頻度も多いとは言えないブログですが、
よろしくお願い致します。