Welcome to my blog

山田先生と土井先生による狂気のおでん作り

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」1

録画していた忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」を視聴しました。

今日のお昼のメニューが全然思いつかず悩んだ食堂のおばちゃんは、
山田先生と土井先生に相談して良いアイディアがないか募ります。

山田先生はある城に忍び込んだ時に美味しそうなおでんを見つけて、
盗み食いしそうになった話をするとおばちゃんはおでん定食に決定!!

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」2

おでんの美味しそうな感じは山田先生にしか分からないという理由で、
山田先生がおでん定食を作るという思いがけない展開になります。

おばちゃんの無茶ぶりで練り物嫌いの土井先生も手伝わされることに…

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」3

土井先生「練物は絶対に入れませんからね。」
山田先生「そんなおでんあるか?」
土井先生「ありま~す!!」

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」4

山田先生「はんぺん、ちくわ、つみれ、さつまあげ、
ごぼう巻きの入ってないおでんなんか…あるか~!!」
土井先生「ありま~す!!」

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」5

山田先生「こんぶと卵と大根と里芋と糸こんにゃくだけのおでんなんか…」

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」6

土井先生「ありま~す!!」
山田先生「そんなのはおでんとは言わな~い!!」
土井先生「言ってもいいじゃありませんか~!!」

土井先生が必死で練り物を除外しようとするところが面白かったです。
(あと、山田先生がいちいち食材名を一つ一つ挙げていくのもツボ。)

おでん作りが全く進んでいない中、昼休憩の鐘がなってしまいます。

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」7

山田先生はおでんの作り方が全然分からないことを白状し、
おでん作りを断念。忍術学園の皆に事情を説明することに…

じゃあ何故引き受けた…?

一方その頃、おでん作りの話を聞いた乱太郎、きり丸、しんべヱは、
山田先生のおでんを食べたくなかったので外出届を出して逃走。

自分たちだけ美味しいうどんを食べに行くことに罪悪感を覚えつつ、
うどん屋さんに着くも店の中には衝撃的な光景が広がっていました。

忍たま乱太郎「山田先生の料理の段」8

なんと…忍術学園のメンバー全員が集結してうどんを食べていたのでした。

実はこれ…乱太郎、きり丸、しんべヱへのドッキリだったんじゃないの…?
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0