Welcome to my blog

閉ざされた扉

最近、hotmailのメールを見ていなかったな~と思い、

hotmailを開きました。

これまでは自動的にログインできるようになっていたのですが、

今日開くとサインインの画面が広がっていました。

いつものようにパスワードを入力して入ろうとしました。

すると「パスワードが間違っています。」と表示されました。

どうやら正しいパスワードを忘れてしまったみたいです。

高1の時に作成したアカウントなのだから曖昧ですし、

一体どうすればいいのやら・・・




signin01.jpg




パスワードを忘れた時の救済措置があるようです。

これで他のメールアドレスにパスワードを送って解決ってわけか。




signin02.jpg




パスワードの送り先がその二者択一しかないのはどうかと思うのですが・・・

まずは「連絡用として登録されている別のアドレス」とやらに送ってみましょう。




signin03.jpg




・・・「連絡用として登録されている別のアドレス」ってどこだ!?

そのアドレスを教えてくれない上に変更させてもくれないというのですか?

よくよく考えたら当時とパソコンが変わっているのだから判明したところで意味がないのよね・・・

ならばもう一つの手段にかけてみるしかないですね。




signin04.jpg




そのアドレスに入るためのパスワードが分からないのだからそのアドレスにパスワード送っても意味無いんじゃないの?

・・・対策を考えている内にある文字列が頭の中に浮かんできました。

きっとこれだ!!

これが求めていたパスワードに違いない!!

これを入力すると入ることができる!!






signin05.jpg
(※日が経過した後にサインインしようとしても上記のメッセージが出てきます。)








これが出入り禁止というヤツか・・・



まあ、自業自得だから文句を言える身分ではないのですけどもね。

まさか自分で自分のメールにカギをかけた上に

そのカギをどこかへ捨てちゃうとは思いもよらなかったです。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0