真夜中の宴

Welcome to my blog

Category時代劇 1/2

浮いたか瓢箪、軽そに流れる

大江戸捜査網「父娘が泣く非情の武士道」にて、犬塚弥兵衛というアル中の老武士(演:田武謙三)が、酔っぱらってこのような歌を歌い出します。...

  •  0
  •  0

山本昌平演じる御数寄屋坊主のやられ顔が怖すぎた

「斬り捨て御免!」の第3シリーズはかなりぶっとんでいます。翁の一味と死闘を繰り広げる…というかなり異色の作風なのです。第2話は山本昌平演じる御数寄屋坊主が黒幕となります。...

  •  0
  •  0

幸田宗丸が三連続で成敗されていた

再放送されている時代劇の黒幕悪役が三連続で幸田宗丸でした。幸田宗丸といえば往年の名悪役俳優ではありますが、同じ作品に連続で登場したのは意外に感じました。...

  •  0
  •  0

オットセイの精力剤を贈呈する若年寄(演:梅津栄)が傑作だった

昔の時代劇などに登場する梅津栄という俳優が好きです。この人はコミカルで憎めない悪党を得意としていましたね。(小汚い公家、女郎屋、口入屋、百姓などが多いイメージ。)...

  •  0
  •  0

切腹すると見せかけて川へダイブする勘定奉行(演:織本順吉)

名俳優・織本順吉氏の演じる悪役に笑ってしまいました。織本氏といえば好々爺役や被害者役のイメージが強いのですが、昔はせこくて情けない小悪党を演じることが多かったのです。...

  •  0
  •  0

城所英夫の浪人役が渋かった

昔の時代劇作品では大抵悪役専門の俳優が登場します。浪人役の似合う俳優はカッコイイな~と思うことが多いです。かなりマニアックですが、城所英夫は好みの一人です。...

  •  0
  •  0

松橋登の女装が強烈すぎた

「大江戸捜査網(松方編)」で松橋登が女装を披露していました。松橋登演じる城所東安は表向きは温厚な町医者なのですが、裏の顔は殺し屋の元締めというサイコパスな役どころでした。...

  •  0
  •  0

辻伊万里演じる老婆が夢に出てきそうな怖さだった

「大江戸捜査網(松方編)」で辻伊万里の演じていた老婆が恐ろしかった…呉服問屋の立花屋の前にお遍路さんの姿をした老婆が現れます。そして、立花屋に対して不吉な内容の予言を行います。...

  •  0
  •  0

暴れん坊将軍Vでの御木本伸介の善人役が良かった

時代劇の再放送は「暴れん坊将軍V」へ突入しました。この辺りからゲスト俳優の配役に変化が出てきたような気がします。歴代シリーズで悪役を演じてきた名優たちが善人を演じているのです。遠藤太津朗、御木本伸介、高野真二などがそうですね。特に第10話「一目惚れ、仲よく危機一髪!」における御木本伸介の善人役はめちゃくちゃ良かったです。植村家の若様である熊次郎の御守り役の爺(小林源左衛門)として登場し、熊次郎と菊姫の縁...

  •  0
  •  0

佐竹明夫と細川俊夫の見分けがつかない

録画してあった時代劇「大江戸捜査網」を視聴しました。浪人・海老沢(演:伊吹聰太朗)率いる天狗党が辻斬りを繰り返し、牢に捕えられた天狗党メンバーたちの解放を要求します。そして、若年寄・京極備前守(演:武内亨)に告げます。「京極に告ぐ。我らの要求に応えるまで人斬り行為を続ける。」しかし、それは罠で真の目的は京極備前守を窮地に陥れることで、大目付・秋葉主膳(演:佐竹明夫)が裏で糸を引いていたのでした。京極ばか...

  •  0
  •  0